ダイエットができる習い事、ヨガ。

食事を減らしても、運動してもダイエットできない、などの経験をされた方は多いのではないでしょうか。

太るのは摂取カロリーが消費カロリーより多い生活を習慣にしていることが原因ですが、

それに至るまでの要因は人それぞれで、単純ではありません。

ただその要因を知るのはとても大切なことです。

いくつかの例をご紹介します。

①基礎代謝が下がっている

運動不足で筋肉量が不足すると代謝が下がることは知られています。

また加齢によっても基礎代謝は下がってくるものです。

②過度なダイエットで飢餓状態

太る対策はとして食事を減らした結果ダイエットを妨げていることもあります。。

極端な食事制限をすると身体は飢餓状態になり、体内に蓄えられている脂肪をできるだけ使わないように、節約遺伝子が活発に働きだします。

さらにこの飢餓状態に陥ると、食べたものをできるだけ脂肪の方に回そうとするので、普段よりも脂肪が蓄積しやすくなります。

③ストレスを受けリラックスできていない

ストレスがかかると、人間の体内ではコルチゾールというホルモンが分泌されます。

コルチゾールは、あなたの筋肉を分解して血糖値を上げ脳のエネルギーとします。

そして使われなかったブドウ糖(グルコース)は、内臓脂肪に蓄積されていきます。

わかりやすくいうと、ストレスを受け続けると筋肉が脂肪に変わっていってダイエットの邪魔をするということです。

④添加物や塩分の摂り過ぎ、水分不足

代謝が下がるという①につながることですが、

添加物の摂りすぎによって体内の消化酵素がムダに消化され、代謝酵素が不足します。

それにより代謝が上手くいかなくなります。

また塩分を摂りすぎると血中の塩分濃度を薄めようと身体が水分を溜めこみます。

その水分が身体を冷やし、その冷えから身体を守るため、「断熱材」である体脂肪が付きやすくなります。

⑤姿勢が悪い

「ダイエットは姿勢から」ともいえるほど

姿勢によって痩せ方は変わり、正しい姿勢はリバウンドも防げます。

姿勢が悪いと骨盤が傾き、血液の循環が悪くなり、体内の老廃物も身体に溜まってしまいます。

また内蔵が下がってくることにより、ぽっこりお腹(内臓脂肪の蓄積)の原因にもなります。

ヨガでダイエットをするコツ

痩せてはまた太る、という繰り返しをしていては辛いですよね。

繰り返しをしないためには体質を変えることはもちろん、自分自身へのケアも変えていく必要があります。

精神的なストレスからドカ食いや偏食をしてしまうこともありますよね。

そのストレスをケアしていくことも、ダイエットへと大きく繋がっているのです。

①ストレスの軽減、リラックス

ヨガは自分の身体と対話する時間です。

そして、いま自分が何を欲しているのか、どれくらい欲しているのかを考えてみましょう。

「本来の自分の食欲を知る」ということが「美」への大きな躍進となります。

②基礎代謝を上げる

身体が冷えている方、基礎体温が低いと言われたことのある方は要注意です。

代謝が上がっていけば脂肪が燃えやすくなるばかりでなく、身体の冷えも解消されます。

ヨガはゆっくりとした動きですが、しなやかな筋肉を作り、骨に近いインナーマッスルが鍛えられます。

そうすることで基礎代謝を上げ、冷えにくい身体を作っていきます。

食事では身体を温めるもの(根菜類、玄米、大豆など)を摂っていきましょう。

③正しい姿勢へと調整する

体重だけ減っても、美しく痩せられなければ意味がありませんよね?

そのためには姿勢重要なポイントです。

骨盤が傾いていると内蔵の位置が下がり、下腹に脂肪が溜まりやすくなります。

頭が前に出てストレートネックになるとフェイスラインに脂肪がつきやすくなります。

肩関節に使い方に偏りがあると二の腕に脂肪がつきやすくなります。

部分痩せはとても難しいですが、姿勢によって部分的に脂肪がつきやすくなるのです。

ヨガのポーズで姿勢に意識を向けていきましょう。

どんなクセがあるのか、そのせいでどのように傾いているのかを知り、筋肉の左右差を正していくことでスタイルアップに繋がります。

ダイエットができる習い事、ヨガ。