身体がかたい方へ

ヨガ教室へのお問合せで一番多いのが「身体が固いのですが大丈夫でしょうか?」というお問合せです。

確かにヨガというと身体がやわらかい人の方が上手くできるのでは、というイメージがありますね。

しかし、ヨガは競争をするスポーツではありません。

どちらかというと「自分に合わせること」「自分の感覚を味わうこと」の方が重要だといえます。

ヨガをすることは身体をやわらかくする、ということ以外にも素晴らしい効果がありますので、

身体の固さを気にすることは本来はあまり必要ないのです。

人それぞれ身体のつくりは違います。ですので、関節にも人それぞれの個性があって当然です。

生まれつき、関節の動く範囲が広い方、狭い方、様々な方がいます。

関節の動く範囲が狭いからといって、悲観する必要はありません。

それは関節を支える筋力があるということでもあるからです。

身体がやわらかく、関節の可動域が広い方は関節を支える筋力が弱い場合もありますので、

怪我をしないような身体の動かし方が必要です。

血行が悪い筋肉についてお話します。

もともと身体が固いというお悩みはそれほど悲観する必要がないことは、先ほど述べました。

しかし、これとは別に「血行が悪い」ことにより筋肉が固くなっている、というのは別問題です。

長時間のデスクワークや運転などで同じ姿勢でいると、筋肉に行きわたる酸素が薄くなり、疲労から固くなってしまう現象があります。

他にも血行不足で乳酸がたまることによって、凝りや張りができてしまうこともあります。

これは怪我や痛みの原因になりますのでヨガで身体を動かすことはとても効果的です。

なぜ他のスポーツよりもヨガが身体を柔らかくするのに効果的だと言われているのでしょうか。

ヨガでは呼吸をしながら身体を動かします。呼吸によって酸素を送りながらストレッチしていきます。

よく全身がポカポカする、という方がいますがそれが血行が良くなった証拠です。

この疲労やコリは、長くその習慣を続けてきた人が、一朝一夕で治るものではありません。

焦らず続けていけば、必ずや改善していくものです。

「柔軟性のある筋肉」をゆっくり手に入れていきましょう!

↓LINEお友達限定↓

前の記事

ヨガは動く瞑想